家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2014 12 05 News 不動産の景気DI、2ヵ月連続の悪化/TDB調査

 (株)帝国データバンクは3日、「TDB景気動向調査(全国)」11月調査分の結果を発表した。調査対象は2万3,475社、有効回答は1万516社。

 同月の景気動向指数(景気DI:0~100、50が判断の分かれ目)は、43.5(前月比0.6ポイント減)となり、4ヵ月連続の悪化となった。業界別にみると、主要な10業界中8業界が悪化。追加金融緩和政策による円安の進行が、仕入れ価格の上昇を加速させたことが要因とみられる。そうしたコスト増が賃金抑制の動きにもつながっており、国内景気は悪化している。

 不動産の景気DIは前月からさらに1.6ポイント減少して43.6となった。2ヵ月連続の悪化で、2013年1月の40.9以来の低水準となった。消費税率引き上げ後の反動減からの回復が遅れているほか、マンションの建築費高騰、可処分所得の低下によるユーザーの購買意欲低下などが景況感の悪化につながっている。また、建築については51.0(同0.6ポイント減)と4ヵ月連続の悪化。住宅着工の減少により、関連する塗装や内装などの業種で大きく悪化している。

(出所:(株)帝国データバンク

賃料減額ならGood8.jpへ