家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2014 08 08 News マンション供給は12.8%増の3,755戸

 (株)不動産経済研究所は6日、2014年上期(1~6月)と13年1年間の「首都圏投資用マンション市場動向」を発表した。

 14年上期に供給された投資用マンションは83物件(前年同期比13.7%増)、3,755戸(同12.8%増)と、物件数・戸数共に増加した。
 平均価格は2,623万円(同3.0%増)、平方メートル単価103.7万円(同5.0%増)と、いずれも上昇しました。

 供給エリアについては、都区部18区(前年同期比1エリア減)、都下1エリア(前年同期と変わらず)、神奈川3エリア(前年同期比1エリア増)で、供給エリアは全22エリア(前年同期と変わらず)でありました。300戸超のエリアは江東区(535戸)、大田区(532戸)、品川区(367戸)、豊島区(353戸)、港区(310戸)の5エリアです。

 13年の1年間に発売された投資用マンションは120物件(前年比16.1%減)、5,703戸(同18.1%減)と、10年以来継続していた回復傾向から一転、減少となった。1物件当たりの平均戸数は48.7戸(同1.2戸減)となります。

 

 供給エリアについては、都区部18区(前年同期比1エリア減)、都下1エリア(前年同期と変わらず)、神奈川3エリア(前年同期比1エリア増)で、供給エリアは全22エリア(前年同期と変わらず)でありました。300戸超のエリアは江東区(535戸)、大田区(532戸)、品川区(367戸)、豊島区(353戸)、港区(310戸)の5エリアとなります。

 

賃料減額のことならGood8.jpへ