家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2011 09 26 News 高級不動産価格、1平方フィート単位では香港、物件は東京が最高

国際的な不動産コンサルティング企業サビルズは25日までに、世界の10大都市の高級不動産価格調査の結果を公表し、香港の1平方フィート(約929平方メートル)当たりの平均額1万316米ドルが最高額だったと報告した。

その他は東京の7991ドルが2位で、パリの豪華マンションの5035ドルが3位。このほか調べた都市はロンドン、モスクワ、ムンバイ、ニューヨーク、シンガポール、上海にシドニー。

香港の1平方フィート当たりの価格はロンドンの2倍で、シドニーの10倍以上。香港が最高値の背景には中国本土の投資家からの需要が活発なことや狭い土地事情もあり物件数が限られていることがある。

1平方フィート当たりの価格では香港が首位だが、1物件の売り出し価格では東京がトップだった。平均約1486平方メートルの広い占有面積が要因としている。豪華マンションの最高額でも東京の1億2800万ドルが1位だった。

広さでは香港の豪邸が平均で約465平方メートルを若干超え、調査の10大都市でこれより狭かったのはモスクワの平均約427平方メートルだけだった。

サ ビルズによると、豪邸の価格は新興国で急激に値上がりしている。シンガポールでの価格は2005年以降、144%上昇。過去6年の増加率を見ると、ムンバ イでは138%、モスクワは110%、香港は83%を記録した。上海は32%増と比較的低い伸びだが、顧客が中国内の富裕層に偏っているのが要因で、世界 各地から顧客を呼んでいる他都市とは異なっている。

(CNNニュース) 

honkon.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像は香港です。

 

今は家賃減額・賃料削減のチャンス!

詳しくはGood8.jpへ