家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2010 12 01 News 賃料減額の交渉術ー<3>

3 賃料減額交渉の前に知っておきましょう。


現在の賃料に対して賃料減額請求に向けての心構え 賃料減額請求を行う際、その目的や効果と同様に大切な事として、交渉における心構えをご説明いたします。

賃料減額の交渉術3

 


 
             ーー(1)ーー

大家さんの基本の状況を把握することが良好関係は交渉の土台 まず、とても重要です。 交渉の基本は相手を知ることから始まります。

どういう性格か、年齢は、家主業以外にどういった仕事を営んでいるのか、など把握すればするほど交渉もしやすくなります。

古くからの慣習では、大家と店子の関係は常に大家が優位に立ち位置する様に扱われています。「大家さん」とは言われても「店子さん」と言われることは非常に少ないものです。

交渉の場面においては、大家さんのことを尊敬し、お願いの姿勢をみせる事がとても大切ですので、心構えとして覚えておきましょう。  



             ーー(2)ーー


そもそも賃料減額に対しての認識 賃料減額は大家にとって損ばかりではないのだろうか?と考えている方は少なくないでしょう。

大家である貸主と店子である借主は常に共存共栄の相互依存関係にあり、賃料の増額や減額は、経済情勢や公租公課の変動等により改定する事が貸主および借主共に法的に認められている事でもあります。

ですので、交渉相手である大家を尊敬しながらも堂々と交渉していきましょう。

※借地借家契約の場合においては、その契約内容によりその権利を有さない場合もありますので注意が必要です。(※1借地借家法第32条)  





家賃の値下げ・賃料減額のことなら
株式会社賃料適正化サービス
Good家賃.jp