家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2010 11 30 News 賃料減額の交渉術ー<2>

2 賃料減額の効果設定を行いましょう。

現在の賃料減額が出来た時、効果は何であるかをシミュレーションしましょう。

その賃料減額による効果を、より具体的な数値などでシミュレーションすることで、より明確な賃料減額請求が実現できます。

人件費として還元、純利益に充当する、新たな資金調達の返済原資の確保など、賃料減額が出来た際の効果として得られる利益がなんであるのかを明確にしていきます。

賃料減額対応することは
貸主にとって、直接的なメリットはありません。 同時に借主の賃料減額を行った理由や、効果も分からないようでは誰も減額に応じるはずはありません。

賃料減額の交渉術2





 

 

 

 

 

 

 

一見、借主だけが得をするように見えるかもしれませんが、経営の実情を理解してもらい それが今後発展する事は、同じ経営者である貸主にとっても喜ばしい事です。 結果として、安定したテナント利用につながる事を再認識してもらう事も重要なポイントです。

貸主に何故賃料減額請求を行ったのか、「理由」と「効果」をしっかりと理解してもらうためにも必要な作業であります。

 

効果設定で用意しておくと良いもの→

・賃料減額後の事業シミュレーション


・賃料減額後の経営計画



家賃の値下げ・賃料減額のことなら
株式会社賃料適正化サービス
Good家賃.jp