家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2010 09 24 News コストマネジメントを真剣に始める

コストマネジメントとは、承認された予算内でプロジェクトを完了させることを目的とし、ただ「削減」すればよいものではなく、「マネジメント」する必要のあるもの。
そのためには、従来とは違った視点でコストを見る必要があります。
大きくは次の3つの視点をもってみよう。




(1)利益・価値を生み出すために必要な「コスト」と、非生産的な費用としての「ロス」の違い

コストマネジメント

 

簡単にいうと「売上」をあげる為のコスト、たとえば新しい商品を調達する為のコスト。これは誰もが意識する部分であり、少しでも費用対効果の良いものを考えて導入を検討します。
また「利益」を上げる為のコストでいうと仕入部分や販管費などのコスト、これは安く仕上げるに越したことがありませんが、その場しのぎの対策ではなく、仕組みとしてコストを恒常的に抑える工夫に投資することが重要です。

また、非生産的な費用として「ロス」という物がありますが、これを根本から解決せずコストとして考えているだけでは本当のコスト削減は実現できません。その為にも「ロス」を解決する為の「コスト」という考え方を持つべきでしょう。



(2)VEやベンチマーク、ABC/ABMなど多様なツール・手法 などの面から、トータルなコスト『マネジメント』を進める。

スクリーンショット(2010-09-24 11.30.10).png


製造業などのコストマネジメント手法は日々進化をしています。
自社の業態だけでコストマネジメントを考えるのではなく、常にグローバルな視点を持って進めることが大きな変化をもたらしてくれます。積極的なコストマネジメントは必ず成果を生み出します。

 

 


(3)各部門とコストとの関わり方、部門別のアプローチ 

会社組織の中では業務効率の向上の為。様々な部門を持つことが定石であるが、会社としてコストマネジメントを始める時は、各部門ごとでどのようにアプローチするべきかがとても重要になります。

基本的な進め方としては、「売上を伸ばす」為に必要なコストをきちんと確保すること。こういうと売上に関係のない部署はたいがい、「私たちは総務だか ら・・・」といって関係のない話で終わらせがちです。本当にその部署でできることは全くないのか、しっかりとアイデアを出させることが重要です。
典型的なセクショナリズムに陥らないようマネジメントを進めていきましょう。

また、「利益を確保する」為には、各部門で「カイゼン」プロジェクトを発足させ、きちんと予算も割り当てていくことが重要です。本気で売上を伸ばし、利益 を確保する為には「コスト」が必要であることをきちんと認識をし、予算をつくって確実に結果を出すようにしていくことが重要です。



当社では「家賃の値下げ 」「賃料減額 」などのコスト削減 策を皆様に提供していますが、これを機に大きく経営が変化された企業様は数多くいらっしゃいます。
是非一度御社も真剣にコストマネジメントを導入してみてはいかがでしょうか。

株式会社賃料適正化サービス
Good家賃.jp