家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2010 09 09 News 家賃は安ければいいか

家賃はもちろん安いに越したことはない。

それでも注意しておきたいのは、総合的な契約内容だ。
例えば、家賃は安いのだが、解約期間が一定期間できない契約のうえ、途中解約では多額のペナルティを支払う契約ということもある。




どうしても、不動産の取引(借りる、買うなど)では、専門用語が使われるうえにわかりにくい表現の契約書で契約を結ぶことになる。ときに、不動産会社の若い営業マンだときちんと契約内容を理解していないことすらあるぐらいなので、一般の方ならなおさら理解しにくいものだと思う。

そんなときは、信頼できる不動産の専門家に相談してみることも必要だと常々感じている。税務の専門家は税理士、経営を含めた財務の専門家は会計士、法律の専門家は弁護士や司法書士と顧問契約を結んでいる企業も多いだろう。
 

ところが、不動産も同じぐらい専門性が高いはずなのに、そうした相談ができる顧問なる者がいない。そうした企業や個人の不動産の相談相手となれないだろうか、と日々思っている。
家賃交渉
 
 
 
 
話を戻すが、わからないまま契約することは後々困ることになり兼ねないので、是非、不動産の取引でわからないことがあったら、専門家に相談してほしいと思う。
 
 

<PR>
家賃交渉 、家賃減額 、家賃の値下げ なら
株式会社賃料適正化サービス

 

Good家賃.jp