家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2010 09 01 News コスト削減、「トヨタ」の生産方式を今一度考える。

コスト削減 

今更ではあるが日本が世界に誇る「トヨタ」の生産方式をもう一度考えてみよう。

トヨタ生産方式では、ムダとは「付加価値を高めない、いろいろな現象や結果」をいい、7つのムダを定義している。 

トヨタのコスト削減

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



■7つのムダ

1. つくりすぎのムダ(Waste of overproduction)
2. 手持ちのムダ(Wasteoftime on hand (waiting)) 
3. 運搬のムダ(Waste in transportation) 
4. 加工そのもののムダ(Waste of processing itself)
5. 在庫のムダ(Waste of stock on hand (inventory)) 
6. 動作のムダ(Waste of movement) 
7. 不良つくるムダ(Waste of making defective products) 

能率の向上は、原価低減に結びついて始めて意味がある。
そのためには、必要なものだけをいかに少ない人間で作り出すかがとても重要であることに違いない。

製造メーカーに限らず、企業においてそれぞれの段階で能率向上がなされ、その上で全体として成果があがる見方で能率アップが図られなければならない。

自分のビジネスに置き換えた場合、7つのムダは何になるのか今一度考えてみてはいかがですか。

今朝もテレビのニュースで、日経平均が年初来安値更新し、円も結局83円台という状況を報道していた。

想像を超える改善案を政府に望むとあったが、逼迫した状況下で政府がだした施策も結局は具体的な結果を出せないでいる。

今の局面を乗り切る中、人件費や賃料などの固定費の占める部分は非常に大きい。
政府の施策が当てにならない今、企業努力を進める中ではやはり優秀な人材の活躍が必要です。

賃料については、いまの市況から大変減額しやすい条件が整っています。
皆さんも真剣に賃料減額 を検討されてみてはいかがでしょうか。


株式会社賃料適正化サービス
Good家賃.jp