家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2010 08 31 News 円高でコスト削減限界か

円高の勢いが止まらない中、政府・日銀が30日、追加経済対策の基本方針と追加金融緩和を決めている。

産經新聞によると、米倉弘昌日本経団連会長は、非常に良いタイミングと一定の評価をしているが、最大の懸案事項である円高を是正する効果は限定的との見方が多いと記しています。

■デッドラインは85円

電機や自動車などの輸出企業は、今期の為替レートを87~90円に設定しており、
9月までは、想定レートで為替予約を入れており、足元の業績への影響は限定的とみられるが、しかし、「コスト削減などで耐えうるデッドライン」(アナリスト)といわれる85円を超えるような円高水準が定着すれば、下期以降の業績の悪化は避けられないようです。 
 


大手企業は、1円円高になると経常利益が数億円目減りする所も多く、「できるだけ早く1ドル=90円以上に戻ってほしい」と本音は切実です。


■円高の影響

1)円高が進むと、海外市場において価格競争力の低下を招きます。

2)円高が進むと、海外市場でのシェア喪失につながります。

※大手電機メーカーは「ウォン安で値下げ攻勢をかける韓国メーカーに太刀打ちできない」と訴える。 


■コスト削減の限界

国内でのコスト削減が限界に達する中、より安くモノを造れる海外に生産拠点を移さざるを得なくなり、現在の円高が定着していくと日本の産業空洞化が一気に進む懸念は大変強くなるでしょう。


瀬戸際にたつ日本経済、円高是正は待ったなしの状態です。

円高とコスト削減