家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 最新ニュース&コラム

最新ニュース&コラム

2010 08 04 News  家賃の削減率と削減額

この仕事をしていると、「削減率」と「削減額」の話に悩むことがある

例えば、賃料が毎月30万円のクライアントがあるとすると、削減率10%で、削減額は3万円になる。一方、賃料が毎月100万円のクライアントでは、削減率10%で、削減額は10万円になる。

 

 

 この例では、削減率同じでも、オーナーから見たときその減額の厳しさには違いがある。仮に、自分が毎月30万円の賃料をいただいているオーナーなら3万円の減額は、非常に厳しいものに写る。一方、100万円の賃料をいただいているオーナーなら、額は10万円と3万円より大きいものの、まだ気分的に余力はある気がする。

 

 

もちろん、上の例は相場と比べて、値下げした賃料が妥当だという場合だが、どうしてそう思うかは、やはり賃料総額の大きさにある。

 

 

現実の問題として、やはり家賃が大きな方が削減できる可能性が高いという実態に現れているようだ。

 

 

家賃の削減率と削減額

 

家賃が高額なところほど、家賃が下がる可能性があるので、検討してみる価値はあると思う。

 

 

 

 

 

家賃削減をご検討してみてはいかかでしょうか?

賃料適正化サービス

Good家賃.jp