家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

家賃減額スペシャル企画

賃料適正化サービス公式ブログ

賃料適正化サービススタッフブログ

チャレンジ25キャンペーン

Good家賃.jp > 家賃減額とは?

家賃減額とは?

あなたは、入居したままオフィスの賃料を値下げすることが出来ます。
しかも、家主との関係、契約書上、対外的な信頼等に一切の問題を起こさずに!

世の中に数多くあるホームページから、当社のホームページをご覧いただきありがとうございます。この時間が無駄にならないように、しっかりとご説明差し上げますので、どうぞ最後までお読みいただければと思います。

さて、「家賃減額」というと、それを聞くだけで「賃料を交渉する人」というイメージではないでしょうか?なんでもかんでも値下げって、借りてやってるんだから安くしろ!という家賃交渉人のような感じです。しかし、実態はまったく違います。私たちの本当の仕事は「家賃の適正化支援サービス」です。そして、今は、リーマンショックから続く不景気のせいで「家賃の適正化=家賃減額」になる場合が多いということです。

image家賃といえば、お鮨で考えてみると「時価」という仕組みがあります。いくらだろう?って一瞬、怖い気もしますが、でもそれは、市場の価値によって値上げしたり、値下げしたり、いわゆる「適正な価格」である場合が多いです。しかし、オフィスの家賃などはいかがでしょうか?2年前に結んだ契約、いや、もっと昔に結んだ契約でもそのままになっている方が多いのです。2年前に大トロ1貫が4,000円だったから、今も4,000円払ってくださいよ、では、このご時世、そんなお鮨屋さんのお客様は減る一方でしょう。でも、不動産の家賃の場合は、それがまかり通ってしまうのです。

一方、逆の事実として、私たちは、家主業を12年に渡って営んできました。その中で、家賃を適正にして欲しいと、いわゆる「賃料減額交渉」をされることも多くありましたが、それは、時代に即した不動産価値に正しくしていくための賃料減額だけなのですから、別に良いのです。私たち家主がもっとも困るのは、「いきなり解約予告で退去される」ということです。しかも、のちになって理由を聞いてみると、「売上が下がって賃料が安くて狭いところに引越した」という場合が多いのです。そうすると、私たち家主には何が残るのでしょうか?そう、白いコンクリートの塊が残るだけです。そして、新しく借主を募集する際の新規賃料は、そうです、時代に即した「減額済みの新規賃料」です。これをまた、広告費をかけたり、仲介会社に仲介手数料などを払いながら、新しい借主に貸していくわけです。だったら、元々の借主の賃料を、現在の適正にして、借りたままでいてもらう方が、精神的にも損益的にも合理的なのです。

あなたの「家賃減額してください」という一言が、
御社にも、家主にも、日本経済にも、良い影響を与えるのです!

ご理解いただけましたか?家賃減額がもたらす本当の効果。だからこそ、私たちにはこう言い切ることが出来るのです。あなたの「家賃減額して下さい」という一言が、御社にも、家主にも、日本経済にもいい影響を与えるのです。

もし、このページを見ていただいているあなたが、社長様だとしたら、しかもちょっとだけでも家賃減額交渉をお考えているなら、絶対に今すぐ、私たちに家賃減額に関する問い合わせをして下さい。お問い合わせフォームからでも電話(08-008-008-393)でも構いません。もし、社長様以外の方であるとしたら、すぐに、社長様に「家賃減額することはできますよ」とお伝えてください。そして、このページのURLをメールでお伝えいただくか、もしくは、まずは私たちを御社のほうにお呼び付け下さい。家賃減額交渉について、誠心誠意お話をさせていただきます。

ご心配なさらずに。私たちは、家賃減額に関して「実際に値下げできた家賃の一部」しか、報酬としてはいただきません※。それ以外の、初期費用や交通費、様々な費用、なにもかも不要です。私たちへの報酬は、実際に家賃が値下げできてから、その値下げできた家賃の中の一部だけで結構です。

家賃減額は誰にもリスクはありません。さぁ、御社の家賃を減額して、それをよりよい事業活動の推進にご利用下さい。ご連絡をお待ちしております。

※ただし、事案によっては成否にかかわらず弁護士等の費用が発生することがあります。

関東圏完全対応!適正家賃1秒診断はこちらをクリック!

 

 

匿名でもOK!お気軽にお電話ください!

お気軽にお電話いただけるよう、会社名をおっしゃらなくてもご質問にお応えします。
しかもお電話いただいた後のしつこい勧誘営業は一切いたしません。

匿名で気軽にお電話ください